書きたいことも、書くべきことも、すべてはその日々のなかにある…

そんな思いから、新しい芝居づくりの場に「日日刻々」という名をつけた。

たとえば、舞台を観ながら

「私はあそこにいてもおかしくない」「あそこにいるのは私だ…」と感じるような、

たとえば、見終わった後、

それまで考えたこともなかったことを考えてしまうような、

なんだかわけがわからないけれど気持ちを揺さぶられ、モヤモヤしてしまうような、

そんな芝居をつくりたいと思っている。

<日日刻々 第二回公演>

 

2017年3月31日~4月3日
『私の帰る処』
作・演出:いしざわみな  出演:さかい蜜柑  真木野透子

会場:読書空間みかも


 

緑豊かな庭に囲まれた古い家で、樹々のざわめきや小鳥のさえずり、花々の語らいに囲まれて、健やかに成長し、仲良く育った姉妹。

姉の枇南子は母を看取り、今は施設に暮らす父を見守りながら50年その家で暮らしている。妹の陽花は、福島に嫁いで20年になる。

震災から6年----

これは、妹がようやく里帰りした春の日の、数日間を描いた物語です。

© Hibikokkoku. All rights reserved.