• いしざわみな

公演終了🌹ありがとうございました🌹


現存の劇作家のなかで、戯曲が繰り返し上演されるのはごく一握りの人です。私の場合、今のところ自分で上演するしかないので、『私の帰る処』の公演は、これが最後かも知れません。そう思うと、とても淋しい……。

今まで書いてきた戯曲も、一つをのぞけばそれは同じなのですが、そういう淋しさを感じたことはありませんでした。

この作品とは一年以上付き合っているので、齋藤姉妹はもう親戚のような存在になってしまいました。

先日も食卓で、施設に暮らす自分の父の話をしながら、いつの間にか「でも枇南子の場合はね…」と話して、「ヒナコさんってどんな友だちだっけ?」と夫に言われ、笑ってしまったりもしました。

淋しさを感じるのは、そういう登場人物との距離感のせいかも知れません。

(中略)

古民家asagoroは、もう取り壊してしまった母方の祖母の家を思い起こさせます。

縁側での日向ぼっこ、薪で焚く風呂の匂い、竹林を通り抜ける風。そんな昔の記憶を思い出して、心が鎮まりました。そこからまた、別の物語も芽を出してきました。うまく育つかわかりませんが、いつかまた、ここで公演ができればと願っています。

(『私の帰る処』公演パンフレットより)

古民家asagoroでの公演が無事終了し、一週間が過ぎました。

年の瀬のお忙しい中、また寒い中をご来場くださった皆さまに、心より篤く御礼申し上げます。

暖房はしていましたが、観劇中も寒かったですね… たいへん申し訳ありませんでした。

それでも最後まで観てくださり、ほんとうにありがとうございました。

少し体調を崩してしまいテキパキとはいかなかったのですが、やっと残務整理を終えました。

そして今もずっと、このパンフレットに書いた時の気持ちが続いています。

実のところ、再演を決めた時に思い描いていたビジョンには到達できず、どうにも悔しい思いがあります。けれども、これが今の自分の限界だと思い知って、これからの課題がより明確になりました。ものすごく時間がかかりそうですが、来年からまた新たな気持ちで、一歩ずつ歩みを進めていきたいと思っています。

出演してくださった、さかい蜜柑さん、明日香さん、たいへんお疲れ様でした。

最後までほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

透子さん、お疲れ様でした。できれば少し体を休めてください。

そして、受付だけでなく、公演中ずっと細かいサポートをしてくれた井上さん、どうもありがとう!

いつもステキなチラシを作ってくださるninth designさん、ありがとうございました。

※

旗揚げ公演から一年が経ちました。

一年間応援してくださった皆さまに、深く深く感謝申し上げます。

☆☆☆Merry Xmas ☆☆☆  どうぞよいお年を(*^-^*)


56回の閲覧

特集記事

近日公開予定
今しばらくお待ちください...

最新記事

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook 日日刻々
Š Hibikokkoku. All rights reserved.